特典が魅力的なインターネット回線まとめ

インターネット回線業者は一般的に良く知られているものもあれば、あまり知られていないものもあるのですが、その申し込み方法にもいろいろとあります。まず実際に家電量販店などの店舗から申し込むという方法がありますが、これはおすすめではありません。実際に店舗に行く人というのは今の時代では情報を的確に得られていないという人が多く、店員もそれは知っています。当然家電量販店も慈善事業でやっているわけではないので、店舗でインターネットを契約するという人は鴨とも言えます。

 

基本的にこういったサービスというのは、情報さえあれば自分で決断した方がメリットがあります。店員の意見というのは求めない方が良いでしょう。なぜかというと、店員は顧客にとって不要と思われるものでも売った方がノルマの達成に効果的だからです。消費者は店員のノルマ達成のために無駄なオプションまで付けるという必要もないでしょう。店員に任せておけば、顧客に最良な形になると思っている人もいるかもしれませんが、そうでもないです。

 

ネット回線の窓口選び

もちろん全部が悪くなるということはなく、最大限は消費者にメリットのあるように配慮してくれます。しかし、売上を伸ばすためには消費者には不要と思えるサービスまで提供してくるということはよくあることです。家電に関しては身近なものなので、まだ自分に不要ということが勧められても判断できる人が多いのですが、契約になるとなぜか判断できないという人もいます。それは情報が不足しているからで、その情報というのはインターネット上で見られます。

 

店員に聞いて判断するというのは、どう考えてもおかしいでしょう。店員は売り込むための情報を提供しているだけなので、客観性がありません。また他の業者のサービスと客観的に比較するということもできず、口コミも見られないので判断が難しいというよりは適正な判断ができるわけがないということになります。また特典などの観点でも店舗での契約というのはメリットがありません。これは上述の通り店舗に来る人が情報を持っていないということがあり、店員からすればチャンスということになります。あまり知らない人に対しては多くのオプションをつけてもらうということになります。自分から罠にかかっていると言っても過言ではないでしょう。

 

 

家電量販店での契約という時点で合理的ではない選択をしているので、さらに無駄なオプションをつけるという合理的でない選択をする可能性が高いということになります。特典どころか無駄なオプションを付けるということになるのでこれは最悪でしょう。さらにこのオプションというのはインターネット業者とは関係のない業者のものを代行しているというものもあり、契約の際には家電量販店から一括して契約できるが、オプションを外すには各業者に連絡するしかないというものもあります。

 

これは契約者がオプションの解約を忘れることを狙っており、やり方としては非常に汚いと言わざるを得ません。しかしそのままの契約にしておくと、無駄なオプションの料金が掛かり続けるのでデメリットが大きいのです。インターネットで調べるのが面倒という理由で家電量販店で店員に言われるままに契約してしまうと、後から公開する可能性が高いでしょう。サービスを購入する際には、必ず自分で判断するということで、店員が言ったとおりにそのままやるというのはメリットがないということになります。

 

ネットで調べることの重要性

自分はあまり詳しくないから仕方ないと思うかもしれませんが、インターネットで調べれば簡単にわかることです。現代社会においては情報というのは得ようと思えばいくらでも得ることが可能なので、知らないというのは完全に自己責任ということになります。昔は環境によって情報に差が出るということが仕方なかったかもしれませんが、今はそうではないので、知らないというのは本人の努力不足ともいえるでしょう。これはインターネットの回線サービスに限った話ではなく、全般に言えることです。自分で調べて知るということが容易な時代なので、それはやった方が良いということになります。

 

またそれをすれば様々なメリットがあるので、訓練しておいた方が良いでしょう。インターネットを活用して情報を得れば、インターネットで収益化するということも可能で物理的に会社に行く必要もなくなります。そしてその空いた時間にさらに学ぶというようなことも可能になるので、情報を得れば得るだけお得ということになります。インターネットの回線サービスもその一例なので、自分で調べてみるというのが良いでしょう。人に聞いた方が良い場面というのもあるかもしれませんが、契約相手に情報提供してもらうというのはそもそもがおかしい話なのです。利害関係が完全に対立しているわけではもちろんないのですが、一部対立しているということは理解しておいた方が良いでしょう。サービスを売る側と買う側というのは完全にはウィンウィンの関係ではありません。

 

いろいろな回線業者があるのですが、最近はスマホを扱っている大手携帯キャリアがおすすめです。まだできて数年のサービスではあるのですが、サービス開始当初は回線がパンクするという事態もありました。これは回線の規模に見合わないよな営業を掛けて顧客を増やし過ぎたからです。携帯の大手キャリアは携帯電話でもおなじみですが、回線の速度制限を掛けてでも新規に顧客を増やしたり、回線を他の業者に売ったりします。要は既存の顧客の回線を奪って、違約金で縛ってその回線を他に売るということを行っており、利益を徹底的に追及するということです。これが悪いということではもちろんなくて、その分割引に力を入れるということも行っています。とにかく安く効率的に消費者を増やすというようにやっているのです。実際スマホとインターネット回線をそろえることで大幅な割引を期待できます。またサービス開始当初は回線がパンクしていたのですが、現在では回線の規模を拡大したので回線は安定して速いです。まだ営業には力を入れており、今後も回線がパンクするリスクというのはあるのですが、それでも安いというメリットがあります。なのでお得ということが優先でたまに回線が不安定なくらいは問題ない場合はスマホ業者が良いです。

 

フレッツ光やOCN光は有名業者ですが、料金面にはあまりメリットがないです。フレッツ光は料金が高い分回線が良いのですが、OCNは顧客を獲得して利益を得たいがために速度制限の話も出ています。インターネット回線で速度制限があるというのは今の時代は最悪なので、そうなったら絶対に契約しない方が良いでしょう。そもそも回線規模が大きいのに、既存の顧客の回線を奪ってでも新規に獲得して儲けたいというのは既存の顧客からしたら最悪です。利益を追求するというのは企業の使命なので良いのですが、だからといって既存の顧客をないがしろにして良いわけではありません。回線の速度制限というのはユーザーが多すぎるからやっているので、営業と速度制限をやっているというのは既存の顧客に対しては大切にしていないということになります。

 

スマホ業者は大手も格安SIM業者もどちらもインターネット回線のサービスを開始しているので、自分のスマホの業者とあわせることで、どちらも割引になるというメリットがあります。こういった特典は利用すると良いです。

 

メガエッグ光のキャンペーン情報はこちら

yamadajin